ホーム > 病院概要 >理念・方針

病院理念


私たちは医療を通じて、健康で心豊かな社会の実現をめざします



基本方針

1.救急医療の充実を図り、医療の質の向上に努めます。

2.在宅部門を充実し、他の施設と連携し地域医療のサービスを推進します。

3.疾病予防、健康推進の知識を普及します。

4.開かれた病院として、患者さんの権利を尊重します。

5.環境整備と安全対策に留意し、患者さんに満足と安心を提供します。

患者さんの権利

1.個人として常にその人格が尊重される権利

2.良質な医療を平等に受ける権利

3.十分な説明を受ける権利

4.自分が受ける医療に参加し自ら決定する権利

5.自分が受けている医療について知る権利(セカンドオピニオンを含む)

6.個人のプライバシーが守られる権利

患者さんの責務

1.ご自身の体調に関する正しい情報を提供する責務があります。

2.他の患者さんの治療に支障を与えないよう配慮する責務があります。

3.ご自身が積極的に治療に参加する責務があります。

4.受けられた医療に対し、その対価を速やかに支払う責務があります。

当院では医療安全を確保し、患者さんの誤認を防ぐために患者さんを氏名でお呼び致します。また、当院では保存スペースの問題から必要に応じて個人情報を外部に保存する場合がありますが、その際にも上記の方針に則り、個人情報の安全管理に努めます。

ページの一番上へ